ヒンズースクワット

ヒンズースクワットによるダイエット

ヒンズースクワットが初めてな人でも覚えられる方法を説明します。

ヒンズースクワットは、有名人の間でも流行しており、森光子さん(女優)、ジャイアント馬場さん(プロレス)、黒柳徹子さんといった著名人が実践しているダイエットとしても有名です。

やり方は、まずは基本となる姿勢を保つことから始めます。

姿勢は、頭の後方に腕を組む方法がよいとされますが、ダイエット効果を望むならばウエストを両方の手でつかむ姿勢のほうがベターです。

ここでは、背中と腰をピンと伸ばすようにすると、腹筋と大臀筋が強化されますし、更なるダイエット効果が期待できます。

そして、外に爪先を向けた状態でしゃがんでいき、太ももと地面が平行になるまで腰を下げていきます。

腰を下げるときは、息を吸い込みながら行い、腰を上げるときは息を吐き出します。

ヒンズースクワットで太もものシェイプアップを狙うなら、足の裏は地面に密着させるべきです。

また、ふくらはぎを強化するなら、カカトを起こして行うと効果的です。

ここで、膝に負荷がかかってツライという人は、腕を振り上げるタイプの方法で行うのがベターでしょう。

この場合は、肩幅くらいに足を開閉させ、両方の腕を上に上げ、しゃがむと同時に腕を下ろしていきます。

そして、腕を再び振り上げるタイミングで立つようにします。

この方法は、別のスクワットよりも簡単にダイエットが行えるとされます

ただ、回数は増やす必要があるため、自分に無理がかからない程度に毎日実践してみましょう。

回数は人それぞれですが、有名人を参考にすると、黒柳徹子さんが1日に50回で、森光子さんが何と130回も行っているそうです。

スクワットダイエット特集!メニュー