パラレルスクワット

パラレルスクワットによるダイエット

初級レベルのスクワットを覚えた人は、中級レベルのパラレルスクワットをオススメします。

通常、立ち姿勢からの動作がメインとなりますが、ダイエットを実感できる前に、膝や腰などに負荷を与えてしまうことが多いのが現状です。

ある程度、筋肉が強化されている人ならば問題ありませんが、普通の人の場合では無理は禁物です。

パラレルスクワットでは、太ももと同じくらいの高さまでしか腰を下ろさないため、継続して行うダイエットとしては、かなりやりやすくなっています。

また、腹筋を鍛えたい人にも効果があるので、ポッコリお腹を引っ込めたい人にも役立ちます。

パラレルスクワットでは、肩幅くらいに左右の足を開く体勢を基本とします。

このとき、爪先は垂直になるように調整します。そして、腰を少しずつ下げていき、地面と平行になるところで止め、今度は少しずつ腰を上げていきます。

以上の動作10回(1セット)を、1日3セットを目安に行うようにします。

初めはキツイはずなので、無理して回数をこなすことを考えずに、姿勢を保つことに重点を置きましょう。

スクワット時の呼吸の仕方は、腰を下ろすときはゆっくりと鼻で息を吸い込み、腰を上げるときは口で息を吐き出しながら上げていきます。

これらの動作は、腹筋の強化に非常に適しているため、ダイエットだけでなく体を引き締める面でも大いに役立ちます。

腹筋が強化されると、ダイエットの相乗効果も増すので、より効果的に体重を落とすことが可能となります。

スクワットダイエット特集!メニュー